2PMテギョンは大丈夫だけれど「助教」はとかく恨まれる!

 

2017年9月4日に兵役に入った2PMのテギョンは、新兵訓練で優秀な成績をおさめ、本格的な軍務では新兵訓練の助教に採用された。しかし、この助教……何かと恨まれる立場なのである。




選ばれた人たち

助教というのは、教官の下に付いて様々な実務を行なう兵士のことである。教官は職業軍人が担当して、主に下士官がなる場合が多いのだが、助教は兵役履行者の中から選ばれている。
彼らはすでに新兵訓練を終えているので何でもわかっている。そういう経験者が教官の下に付いて、新兵たちの生活を管理したり、訓練に必要な物品の準備をしたり、さらには、教官が命じる様々な仕事に従事したりする。
このように大変重要な任務をするのが助教なのだが、彼らは「選ばれた人たち」である。つまり、新兵訓練時の成績によって選抜されるのだ。




しかし、新兵訓練の終盤になって「君は優秀だから助教になれ!」という打診を受けると、選ばれた人は顔が曇ってしまう。
それは、なぜなのか。
実は、新兵訓練は大変きつい訓練だ。助教としても、その新兵のためを思って厳しいことを言わなければならない。
(ページ2に続く)

チ・チャンウク、2PMテギョン、キム・スヒョンの除隊はこれだけ早まった!

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

芸能人の兵役がこんなに影響される3つの変化とは?

除隊した芸能人を待ち受けている予備軍の訓練とは何か

芸能人の兵役延期のリミットは今や28歳?

ページ:

1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る