『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンの歴史的な最期は?

あまりに早すぎた

5月4日になると、孝明世子の妹であった明温(ミョンオン)公主(コンジュ/王の正室が産んだ王女のこと)の夫が病床を見舞っているし、側近の臣下たちも再び孝明世子に呼ばれている。
この段階では、回復のきざしも多少はあった。
しかし、5月6日になると病状がさらに悪化し、ついに孝明世子は帰らぬ人となってしまった。




享年は21歳だった。
その死は、あまりに早すぎた。
孝明世子がもっと生きていれば名君になったはずだし、そうであれば朝鮮王朝の歴史も変わっていただろう。
本当に、惜しい人が早世してしまった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の最期とは?

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る