パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

 

『雲が描いた月明り』でイ・ヨンがとても印象深かったのは、パク・ボゴムが的確に演じたからだ。彼は「ツンデレ」的な要素を持ったイ・ヨンを颯爽と演じて好評を得た。なんといっても、パク・ボゴムがイ・ヨンというキャラクターに完璧に成りきっていたことが大きかった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




「明」と「暗」の両面

パク・ボゴムはイ・ヨンについてこう分析していた。
「イ・ヨンは少し気難しくて堂々としているのですが、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました。また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」
「しかし、イ・ヨンという人物を考えると、胸が痛んでしまった部分がありました。というのは、彼は、その場から引きずりおろそうとしている人たちに取り囲まれていたからです。宮廷の中で信じられる人物というのは、いつも側にいてくれるチャン内官と妹しかいなかったのです」
こう語るように、パク・ボゴムはイ・ヨンの「明」と「暗」の両面を捉えて、そのコントラストを鮮やかに演じ分けていた。それによって、イ・ヨンというキャラクターに深みが出た。




パク・ボゴムはさらに、「イ・ヨンは、家臣たちからは無力な王子と見られていたかもしれません。それをあえて彼自身が演じていた部分もあると思います」と語って、イ・ヨンの心の底にまで思いを馳せていた。
それゆえに、イ・ヨンを演じながら見えてきたこともあったという。
「世間知らずな世子(セジャ)の姿を演じながら、その中で家族を守っていこうとする彼の気持ちを忠実に考えながら演じていました。そして、一見冷たく響くかもしれない彼の言葉の中に、誰よりも大きな真心が込められていて、その中には温かい気持ちが秘められているということに気づきました」
(ページ2に続く)

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の最期とは?

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の人生!

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る