パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の人生!

 

『雲が描いた月明かり』でパク・ボゴムが演じた主人公のイ・ヨンは、歴史的には孝明世子(ヒョミョンセジャ)のことだ。とても優秀が王子だったのだが、寿命だけはどうすることもできなかった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




見事な手腕

イ・ヨンという名前を持った孝明世子は、23代王・純祖(スンジョ)の長男として1809年に生まれた。
世子になったのは5歳のときだ。
世子といえば未来の国王だ。早くから英才教育が施されるが、孝明世子は幼いころから賢明で、わずか8歳で最高学府の成均館(ソンギュングァン)に入学して、さらに学問を積んだ。
彼の優秀さは官僚たちの間でも評判になり、父親の純祖はわずか18歳の息子に代理聴政(テリチョンジョン)を命じた。このように、摂政をすることになった。
純祖は特に体調が悪かったわけではない。孝明世子の才能を高く買っていて、早くから政治の表舞台で経験を積ませたいと考えたのだ。
1827年から孝明世子は国王に代わって政治を取り仕切った。
彼が最初に行なったのは人事の刷新だった。新しい人材をどんどん登用した。




その手腕は見事であった。
孝明世子はもともと詩作に優れていたが、その感受性の豊かさが人事面でも発揮された。彼は自分が政治をうまく動かせるように臣下たちを適材適所に配した。
さらに孝明世子の摂政で特筆すべきは、宮中行事を改善して冠婚葬祭の典礼を完璧に整備したことだ。朝鮮王朝は儒教を国教にしているので、先祖に対する祭祀は最重要な儀式に位置づけられていた。そうした祭祀においても孝明世子は自ら先頭に立って礼楽を整えたりした。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

イ・ヨン(孝明世子)が長生きなら朝鮮王朝の歴史は変わっていたか

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

ページ:

1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る