パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

 

物腰が柔らかい

韓国のケーブルチャンネルのtvNで放送された『ボーイフレンド』。このドラマに主演したパク・ボゴムは、純粋な心を持った青年のキム・ジニョクに扮した。天性の勘の良さを発揮しながら、パク・ボゴムはジニョクを自然体で演じた。
その撮影で多忙をきわめる中、パク・ボゴムは来日して2018年12月12日にさいたまスーパーアリーナで開催された「2018 MAMA FANS’ CHOICE in Japan」のホストを立派に務めた。
彼のコメントはいつも謙虚だ。
「2年連続でホストとして招いてくださり、ありがとうございます」
そのように挨拶して、感謝の気持ちを表した。
さらに、アーティストに対して気配りを欠かさない。




「リハーサルを見ましたが、1チームも外すことができないですね」
「多くのアーティストがたくさんのステージを準備しました。応援をよろしくお願いいたします」
とにかく、パク・ボゴムはいつも物腰が柔らかく、周囲の人への気遣いがあふれ、さらに謙虚な姿勢を保っている。
(ページ2に続く)

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る