絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

 

2016年に『雲が描いた月明り』が韓国で大人気となり、主役のパク・ボゴムは若手のトップスターになった。日本では1年遅れて地上波で放送されるようになり、パク・ボゴムの人気が急上昇している。

笑いすぎてNG?

パク・ボゴムが、テレビ東京での放送に合わせて来日記者会見を開いたのは、2017年11月16日のことだった。
彼が登場すると、女性記者の間からため息がもれた。それほど、「ときめきの存在感」がまさっていた。
話し方もソフトで、通訳の人にも優しい心遣いを見せていた。その雰囲気を見ているだけで、彼の魅力を大いに感じることができた。




パク・ボゴムは、『雲が描いた月明り』の撮影時のエピソードを明るく語った。
「同世代の共演者が集まった撮影現場だったので、集まるとみんなで笑うことがたくさんありました。笑いすぎたり騒いでいたりしてNGを出してしまったということもあり、監督さんに怒られました」
パク・ボゴムが監督に小言を言われている場面を想像してみたら、なんだか笑ってしまいそうだ。(ページ2に続く)

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る