映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

 

ドラマ『ボーイフレンド』の撮影を終えたあとのパク・ボゴムは、歌手活動を含めてとてもエネルギッシュに活動している。今度は新作映画の出演も決まり、俳優として新しい境地に挑んでいく。




演じるのはクローン人間

パク・ボゴムは、シングル『Bloomin’』で日本でも颯爽と歌手デビューを果たしている。
また、2月3日にさいたまスーパーアリーナで開催されたファンミーティングでもすばらしいパフォーマンスを見せて、多彩な才能を示した。そんな彼が、今度は新作映画で俳優としても真骨頂を見せてくれる。
振り返ってみても、パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で絶大な人気を得て、その後はソン・ヘギョと共演した『ボーイフレンド』で主人公の青年を魅惑的に演じた。
彼に関して言うと、次々と新しいスタイルが開花していて、どこまで魅力が満開になるのかがとても興味深いところなのだが、今度は『徐福』(仮題)の出演が決まり、注目を集めている。
この映画は不思議な作品だ。なにしろ、クローン人間というのが大きなテーマになっている。




パク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初となるクローン人間の徐福である。
複製として作られたこのクローン人間をめぐっては、様々な人間たちが欲望をむきだしにしていく。その果てに起きる数々の事件……その中心には常にパク・ボゴムが演じる徐福がいるのだ。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る