パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

 

パク・ボゴムとコン・ユが共演する映画『徐福』が、韓国でも意欲作として注目されている。なにしろ、人類初のクローン人間をめぐる人間同士の暗躍を描いている。そのクローン人間に扮するのがパク・ボゴムだ。彼はなぜこの役を引き受けたのだろうか。




今後の俳優活動を左右する

人気を得た俳優が一番苦労するのは、何を次回作に選ぶかということだ。
それこそ、トップ級の俳優になると、次から次へとオファーがきて、どれを選ぶかがとても悩ましくなる。身体は1つしかないのに、持ち込まれる企画は無数にあるのだ。
そのときに、俳優の個性が出る……自分の持ち味が生かせる従来路線の作品を選ぶか、あるいは、まったく新しい役にチャレンジして自分の可能性を広げてみるか。
そのどちらかが問われる。
既存のイメージを守れる作品であれば意図せぬ失敗の危険性を減らすことができるが、同じイメージが重なるという点が否めない。
その一方で、果敢に新しい役に挑めばリスクもあるが、その分、チャンスも広がる。
そして、パク・ボゴムが出した結論は「チャレンジ」だった。




出演映画は『徐福』。彼の今後の俳優活動を左右する重大な作品になるだろう。
なんといっても、演じる役がクローン人間なのである。
遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間であり、生身の人間とは表情や立ち居振る舞いも微妙に違ってくる。
(ページ2に続く)

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

何度見ても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムは最高だ!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る