『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

 

1603年、宣祖(ソンジョ)の継妃であった仁穆(インモク)王后が王女を産んだ。それが貞明(チョンミョン)公主である。仁穆王后は続いて1606年に永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んでいる。貞明公主に弟ができたのだ。




長く苦しい監禁生活

貞明公主の父の宣祖は1608年に亡くなってしまった。そのとき、貞明公主は5歳で、永昌大君は2歳だった。
結局、宣祖の後を継いで15代王として即位したのは、貞明公主の異母兄の光海君(クァンヘグン)だった。
光海君は1575年の生まれである。貞明公主よりは28歳上だった。
この光海君の一派が王位を安泰にするために、永昌大君を1614年に殺してしまった。さらに、仁穆王后と貞明公主は西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。こうして、2人にとって長く苦しい監禁生活が始まった。
西宮での暮らしは不便だった。
西宮の門はすべて閉鎖されて外部とまったく接触できなかった。そのうえで、餓死しない程度のわずかな食糧を支給されるだけだった。
そんな苦しい境遇の中でも、貞明公主は希望を捨てなかった。




そして、ついに恨みを晴らす日がやってきた。光海君(クァンヘグン)の王位に対するクーデターが1623年に起こったのである。
このクーデターは成功し、光海君が王宮から追放されて新たに仁祖(インジョ)が即位した。
王女として本来の身分に戻った貞明公主。本当に美しい娘に成長していた。
そして、高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚した。
洪柱元は1606年の生まれだった。貞明公主が1603年の生まれなので、婿のほうが3歳下だった。
結婚に際して、貞明公主に与えられた屋敷と土地は破格だった。
貞明公主と洪柱元が住む屋敷は、王宮の昌徳宮(チャンドックン)にとても近く、敷地も広かった。さらに、貞明公主は屋敷とは別に、地方に広大な土地を与えられた。




すべて母の仁穆王后が仁祖に要求して実現させたものだった。
「いつまでも、この幸せが続くように……」
仁穆王后はそう願い続けた。
(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

貞明公主(チョンミョン・コンジュ)の結婚!

数々の悲劇に耐えた貞明(チョンミョン)公主!

貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る