朝鮮王朝の歴史に残る「三大悪女」とは?

 

朝鮮王朝は儒教を国教にした。儒教には人間の身分の違いを肯定する思想があり、朝鮮王朝時代には厳格な身分制度が敷かれた。それによって、男尊女卑の傾向も顕著になった。その中から悪女たちが出てきた。




成り上がるために手段

朝鮮王朝時代に女性は落ち度がなくても平気で離縁されるし、再婚の自由も著しく制限され、なおかつ親の相続権もなかった。
結局、儒教社会の中で男たちは優遇され、能力以上の立場を得られた人も多かった。それも、女性の犠牲のうえに成り立っていたことだ。
しかし、泣き寝入りする女性ばかりではなかった。才能や美貌に自信を持ち、身分制度の枠を乗り越えて、自分のあるべき生き方を追い求めた女性も多かった。
ただし、目立ちすぎて男性を凌駕した女性は、意図的に「悪女」と呼ばれ、糾弾される対象となった。
彼女たちは男社会の掟によって作られた悪女なのである。
その一方で、強欲でわがままな性格ゆえに悪事を働いた女性もいた。私利私欲に走った悪女たちは、成り上がるために手段を選ばなかった。
たとえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)……。




この3人は「朝鮮王朝三大悪女」と呼ばれている。
果たして、彼女たちは何をしたのか。
まずは張緑水。
彼女は10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室として暴君に悪行をけしかけたことで知られる。
王朝の財宝を私的に持ち出すという強欲ぶりも見せて、燕山君がクーデターで王座を追われたあとには斬首になっている。
彼女の遺体に庶民が石を投げてすぐに石塚ができたというから、よほど人々から憎まれていたのだろう。
(ページ2に続く)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る