朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

 

韓国でも歴史上の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)をいちやく有名にしたのが、2001年から2002年にかけてSBSで放送された時代劇の『女人天下』だった。外国の映画祭で主演女優賞を受賞した大女優のカン・スヨンが鄭蘭貞に扮していて、ドラマは大変な人気を集めた(鄭蘭貞については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

直接の動機は「私利私欲」

主人公でもあったので、『女人天下』では、鄭蘭貞を極端な悪女には描いていない。物語は、最下層の身分であった彼女が必死に生きていく過程で悪事に手を染めたという展開だった。
『女人天下』が終了するときのナレーションが印象深い。ドラマは次のような言葉で締めくくられた。




「鄭蘭貞と文定(ムンジョン)王后は、身分差別や男尊女卑という儒教的な道徳が支配する朝鮮社会における革命的な秩序の破壊者だった。支配階級から非難され、飢えた民衆の恨みを買い、鄭蘭貞と文定王后に対する歴史の評価は否定的である。しかし、文定王后は朝鮮王朝を20年間も率いた女傑であったし、鄭蘭貞は賤民(チョンミン)として生まれた自らの運命の束縛を解いて、人間らしく生きるために、身をもがきながら激しく生きた女性だった。その理由だけで、鄭蘭貞の名は長く歴史に残ったのである」
このように、鄭蘭貞を持ち上げている。
ナレーションて言うように、鄭蘭貞が身分差別や男尊女卑という儒教的な道徳を破壊する女性であったことは確かだろう。
とはいえ、彼女の直接の動機は「私利私欲」だった。(ページ2に続く)

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

ページ:

1

2 3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る