イ・ジュンギが影響を受けた「ブラックリスト問題」の本質とは何か

 

文在寅(ムン・ジェイン)政権は2017年5月に発足したが、かつての政権の不正を調査する中で明るみに出たのが「ブラックリスト問題」だった。それによって、イ・ジュンギも芸能活動を妨げられる被害を受けている。




正論を述べたイ・ジュンギ

かつての李明博(イ・ミョンバク)政権が政府に批判的な文化人・芸能人をリストアップしていた「ブラックリスト問題」。合計で82人の名前があがっているが、8人の俳優のひとりがイ・ジュンギだった。
そもそも、2008年2月に発足した李明博政権は当初から失政をして国民の批判にさらされた。結果的に、連日のように「ろうそくデモ」が起こった。
その最中にイ・ジュンギは「ろうそくデモ」を擁護する正論を述べたのだが、それを政府に批判的だと捉えた李明博政権はブラックリストにイ・ジュンギの名前を加えた。
ブラックリストを作成していたのが国家情報院だ。
この組織は朴正熙(パク・チョンヒ)政権時にはKCIAと呼ばれた。悪名高き韓国中央情報部なのである。
それが、金大中(キム・デジュン)政権のときに国家情報院と変わり、李明博政権にも引き継がれた。




北朝鮮と厳しく対峙している韓国が諜報活動に力を入れているのも必然なのだが、この国家情報院がブラックリストを作ったという時点で、このリストがいかに悪用されたかがわかる。
(ページ2に続く)

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る