コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』では、コン・ユが演じるキム・シンが900年以上も生きているという設定になっている。まさに不思議なドラマなのだが、特に目が離せないのが、キム・シンと様々にからんでくるウンタク(キム・ゴウン)と死神(イ・ドンウク)の存在だ。




反目する2人

コン・ユが演じるキム・シンとイ・ドンウクが扮する死神……この2人の対比が興味深い。
死神というと普通は冷酷な存在。人間を悲劇に追い込むような役割なのに、『トッケビ』に出てくる死神はユ・インナ扮するサニーに一目惚れしたり、ちょっとしたことで喜怒哀楽をもろに出したりする。
そこがこの『トッケビ』のユニークなところで、キャラクターの従来のイメージを変えながら、その存在に新しい価値観を付け加えていっている。
そんな死神と、王に裏切られて胸に剣が刺さったまま900年以上もさまよい続けているキム・シンが同居することになった。
最初から2人は反目する。とにかく、何かと小さなことでいがみ合っている。そういった場面は、シリアスなストーリーの中でも、思わず笑いがこぼれるような和やかなシーンになっている。




外に出ると、キム・シンも死神も自分のやるべきことをやらざるを得ないので深刻な表情になるが、家に帰ってくると2人ともリラックスする。
特に2人が食事をするシーンが見モノだ。
(ページ2に続く)

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

コン・ユが兵役について述べた「5つの重要な指摘」とは?

迷いながらも着実に進む「コン・ユという生き方」!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る