朝鮮王朝で一番の聖女だった王妃は誰なのか?

疑念がふくらんだ

孝懿王后は病弱だったので、子供を産める可能性が低かった。
洪国栄は自分の妹を正祖の側室として宮中に送り込んだ。それが元嬪(ウォンビン)・洪(ホン)氏である。
「なんとしても殿下の子供を産め」
洪国栄は妹に厳命していたが、なんでも自分の思いどおりになるわけではない。不幸なことに、元嬪・洪氏は側室になって1年ほどで子供を産まないまま亡くなってしまった。実の妹があまりに突然に世を去り、洪国栄は自責の念にかられた。
「俺が妹を宮中に送り込んだばかりに……」
哀れな妹を思って、洪国栄は号泣した。
やがて涙が涸(か)れてくると、彼の心に疑念が生まれた。
「なぜ、あんなに元気だった妹が突然死んだのか。もしや……」
疑念はどんどんふくらみ、やがて一人の女性に行き当たった。




「中殿(孝懿王后)の指図によって毒殺されたのでは……」
一度そう思うと、その疑念は強迫観念となって洪国栄の心を苦しめた。次第に洪国栄は逆恨みをして、孝懿王后が妹を殺害した黒幕だと決めつけるようになった。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

朝鮮王朝の27人の国王の中で評判が最悪なのはこの5人!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る