『無法弁護士』のイ・ジュンギ!視聴者の期待以上のものを見せてくれる

 

ドラマ『無法弁護士』の制作発表会がソウル市内で行なわれたのは2018年5月8日のことだった。そのときに、主演のイ・ジュンギが力を込めて言った言葉が忘れられない。そこには、彼の並々ならぬ覚悟があった。




演技に全力を尽くす俳優

主演のイ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会でこう語った。
「今度のドラマはアクションシーンが全部ではないのですが、やはり自分なりのアクションをお見せしたいんです。自信もあります」
この言葉には、彼の強い決意が表れていた。
同時に、揺れる気持ちも吐露していた。
「視聴者のみなさんに、どれくらい魅力をアピールできるのだろうか。心配もありましたし、責任も感じていたのです。そうしたストレスもありました」
そんな状態であっても、イ・ジュンギは果敢に動いた。
実際、彼ほど「ここまでやるか」と言えるくらいに演技に全力を尽くす俳優は少ない。それは、これまでの彼の作品を見ればよくわかることだ。
イ・ジュンギは常にチャレンジャーであり、多様なジャンルを自ら積極的に選んで新しい役柄に挑んできた。




ファンからすれば、これほどワクワクさせられることはない。もちろん、イ・ジュンギのイメージと合わないと感じる作品も当初はあったはずなのだが、見終わった後には「やっぱりイ・ジュンギはさすがだ」と納得してしまう。
(ページ2に続く)

イ・ジュンギが主演する『無法弁護士』の見どころはココだ!

新人時代に「目標の俳優はいない」と語ったイ・ジュンギの俳優魂は?

『無法弁護士』は謙虚なイ・ジュンギが主演したから真実味が増した!

イ・ジュンギが影響を受けた「ブラックリスト問題」の本質とは何か

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る