今後半年間に除隊する主な韓流スターは誰なのか

 

芸能界にとって兵役はとても重要な問題だ。人気絶頂期に2年近くも活動休止を強いられるので、それも無理はない。とはいえ、2019年の前半は大物俳優たちの除隊が相次いだ。それでは、これから半年間にはどういう芸能人が除隊になるのだろうか。




除隊が早くなっている

韓国では、兵役期間の短縮が2018年10月から実施されている。
最終的には、陸軍の兵役期間は21カ月から18カ月に短縮されるが、それが完全に実施されるのは、2020年6月15日以降に入隊した人からになる。それ以前の人は入隊時期によって短縮期間が変わってくる。
実際には、2018年10月から2週間に1日ずつ兵役期間を短くしていく方法が採用されている。
いずれにしても、除隊が早くなっているのは朗報だ。
それでは、2019年9月から2020年2月までに除隊する芸能人を見てみよう。各除隊日は以下のとおりとなっている。
◆ジョン・ヨンファ/2019年11月3日
◆BIGBANGのG-DRAGON/2019年10月26日
◆BIGBANGのSOL/2019年11月10日




◆BIGBANGのD-LITE/2019年11月10日
◆2PMのJun.K/2020年1月2日
◆2PMのウヨン/2020年2月28日
除隊日は以上のとおりだが、除隊が近くなると通常の軍務の負担が減り、社会復帰への準備に入る。
その期間が大事なのだが、特に芸能界に戻る人たちは復帰後のプランを具体的に練ることになる。ファンも彼らの復帰を心待ちにしていることだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
講演「韓国芸能界と兵役問題」開催。9月21日(土)13時30分〜15時。場所は、ふれあい会議室 八重洲No14/東京都中央区日本橋3丁目3−3 加藤ビル4階No14。受講料3,000円(税込み)。兵役の基本制度を解説し、BTSを初め韓流スターの兵役最新情報も紹介します。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/14e6b9c24b3cfb9bae2a2ce611afe8fb

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

芸能界のスターにも大きく影響する「兵役の三大変化」とは?

兵役で社会服務要員になった芸能人はなぜ批判されやすいのか

兵役で軍楽隊に入る芸能人が多いのはなぜ?

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る