国王や世子を毒殺した疑いをかけられた五大王族/朝鮮王朝の五大シリーズ17

 

朝鮮王朝では国王や世子が毒殺された、という疑惑が多い。そうした疑惑の張本人になっている5人は、世祖(セジョ)、文定王后(ムンジョンワンフ)、仁祖(インジョ)、英祖(ヨンジョ)、貞純王后(チョンスンワンフ)である。




最初の2人

世祖(セジョ)
[1417~1468年]
首陽大君(スヤンデグン)という名でも知られる。4代王・世宗(セジョン)の二男で、世宗の長男が文宗(ムンジョン)だ。その兄は1450年に即位したが、わずか2年で急死した。世祖が毒殺したのでは、という疑いがある。結局、文宗の長男が6代王・端宗(タンジョン)として即位したが、世祖は端宗を脅して王位を奪った。その後は、端宗を復位させようという動きを徹底的に封じ、それを計画していた官僚たちを根こそぎ惨殺した。さらに世祖は、端宗が生きていると復位の動きがやまないと警戒し、端宗を庶民に降格させたうえで死罪にした。

文定王后(ムンジョンワンフ)
[1501~1565年]
11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻。我が子を王位に就かせるため、中宗の先妻の息子だった12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を何度も狙ったと言われている。




実際、仁宗が亡くなったときも、文定王后による毒殺という噂が流れた。我が子が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位すると代理で政治を仕切り、権力を独占して悪政を行なった。
(ページ2に続く)

イ・サンを取り巻く個性的な五大王宮女性/朝鮮王朝の五大シリーズ18

歴史に残る五大美女/朝鮮王朝の五大シリーズ14

恐るべき五大鬼嫁/朝鮮王朝の五大シリーズ9

悲惨な五大王妃/朝鮮王朝の五大シリーズ4

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る