『オクニョ』に登場する鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)はどんな悪女?

 

『オクニョ 運命の女(ひと)』の中で、悪女ぶりを存分に見せているのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。朝鮮王朝三大悪女の1人に数えられている鄭蘭貞とは、実際にどういう女性だったのか。




文定王后の手先

奴婢(ぬひ)だった母から生まれた鄭蘭貞は、貧しさから脱するために妓生(キセン)となった。
そこで見つけた男性が尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。
尹元衡は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室となった文定(ムンジョン)王后の弟である。
姉の威光を使って、能力がないのに彼は出世していた。
そんな男に気に入られた鄭蘭貞は、やがて文定王后の手先として悪行を一手に引き受けるようになった。
そんな鄭蘭貞が標的にしたのが敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏だ。彼女は中宗が寵愛する側室で、文定王后は気に入らない側室の排除を狙った。
そんな最中の1527年に起こったのが「灼鼠(しゃくそ)の変」だ。
それは、世子(セジャ)の屋敷の庭に、火であぶられたネズミの死体が木にくくられていた事件だった。




世子は子年の生まれだった。いわば、事件は世子を呪おうとしたものだった。
犯人探しが行なわれた結果、敬嬪・朴氏が犯人と断定された。それはすべて鄭蘭貞が仕組んだ罠だったのだが……。
(ページ2に続く)

『オクニョ』でチン・セヨンが扮した茶母(タモ)とは何か?

『オクニョ』に出てくる典獄署(チョノクソ)は刑務所のこと?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

『オクニョ』の史実!文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)の命を縮めた

『オクニョ』を通して朝鮮王朝の制度と王家の何がわかったのか?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る