兵役で「イ・ジュンギの無念」が繰り返されてはならない!

 

かつての李明博(イ・ミョンバク)政権が政府に批判的な文化人・芸能人をリストアップしていたのが「ブラックリスト事件」である。合計で82人の名前があがったが、その中の8人の俳優のひとりがイ・ジュンギだった。それによって、彼は兵役のときに不利な扱いを受けてしまった。




悪用されたリスト

2008年2月に発足した李明博政権は、当初から失政を繰り返して国民の批判にさらされた。
連日のように「ろうそくデモ」が起こり、イ・ジュンギも李明博政権に公正な対応を求めた。
しかし、それによってイ・ジュンギはブラックリストに載ってしまった。
ブラックリストを作成していたのが国家情報院だ。
この組織は朴正熙(パク・チョンヒ)政権時にはKCIAと呼ばれた。悪名高き韓国中央情報部なのである。
それが、金大中(キム・デジュン)政権のときに国家情報院となった。
北朝鮮と厳しく対峙している韓国が諜報活動に力を入れているのも必然なのだが、この国家情報院がブラックリストを作ったという時点で、このリストがいかに悪用されたかがわかる。




要するに、ブラックリストを作成しただけではなく、そこに名前が乗った人の活動を意図的に妨害する工作が行なわれた。
たとえば、文化活動に対する政府の補助金を削ったり、俳優であればテレビ局に圧力をかけて出演できないようにしたり……。
イ・ジュンギの場合は露骨だった。
(ページ2に続く)

「ほぼ最後の芸能兵」であったイ・ジュンギの兵役とは?

兵役はイ・ジュンギをどのように変えたのか

イ・ジュンギこそが永遠のチャレンジャー!

『無法弁護士』のイ・ジュンギは最高だ!

イ・ジュンギがインスタで「宇宙をぶち壊すようなテンション」と言った真意は?

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!視聴者の期待以上のものを見せてくれる

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る