朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?(再読版)

 

朝鮮王朝で三大悪女と称される女性たちは、低い身分から必死に成り上がろうとした結果として悪評を受け、運命に翻弄された部分も強かった。むしろ、本当の“ワル”は権力を握る側にいたのである。




政治を私物化

「朝鮮王朝三大悪女」と呼ばれるのは、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)である。
しかし、彼女たちは巨悪ではなかった。
自分の私利私欲に走っただけだ。
それでは、本当の悪女は誰なのか。
たとえば、文定(ムンジョン)王后は我が子を王にするために多くの人の命を奪っているし、21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室だった貞純(チョンスン)王后は後にキリスト教を弾圧して悲惨な大虐殺事件を起こしている。
政治を私物化して多くの人を不幸にしたという意味では、長い朝鮮王朝の歴史における真の悪女は、文定王后と貞純王后の2人である。
特に、自分が産んだ息子を王にするために継子の12代王・仁宗(インジョン)を毒殺した文定王后の罪は大きい。




彼女こそが、朝鮮王朝で一番の悪女に違いない。
この文定王后は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった。
(ページ2に続く)

韓国時代劇の「三大悪女」はいかにして成り上がったのか

朝鮮王朝を激震させた「呪いの三大悪女」とは誰なのか?

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

朝鮮王朝で「3大悪女」のような悪女たちがなぜ生まれたのか

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る