『不滅の恋人』を理解するための歴史解説!(再読版)

政権を掌握したのは?

安平大君は兄の首陽大君を越えて一気に勢いを得た。このように宮廷の力が安平大君に集まってはいたものの、それでも首陽大君と親しくしている者がもっと多かった。力を集めようとした首陽大君の画策が功を奏していたのだ。
1453年、首陽大君はクーデターを成功させて、政権を一気に掌握した。端宗を支えていた大臣の多くが殺された。
こうなると、安平大君も安泰とはいかなかった。
反逆の首謀者にされてしまった安平大君は、息子と一緒に島流しになり、さらには死罪となってしまった。
安平大君の素晴らしい才能を国や民衆のために生かせば、どんなに良かったことか。彼自身もさぞかし無念であったことだろう。




一方の首陽大君は1455年に端宗を脅して退位させて、自ら7代王の世祖(セジョ)となった。兄弟は完全に明暗を分けたのだ。

『不滅の恋人』の史実が興味深い!2人の王子の争いを解説

NHK総合テレビで日曜夜に放送される『不滅の恋人』が面白い!

『不滅の恋人』に登場する2人の王子は歴史的にどう対立したか?

『不滅の恋人』のイ・フィは歴史上の安平大君(アンピョンデグン)のこと!

『不滅の恋人』のイ・ガンは歴史上の首陽大君(スヤンデグン)のこと!

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る