サスペンス&ラブの『悪の花』でイ・ジュンギの魅力が生かされる!

 

イ・ジュンギの新作『悪の花』のストーリー設定が謎めいている。彼が演じるのは残酷な過去を持った男だ。しかし、その過去を隠し通して偽りの夫婦生活を送っていく。何よりも恐ろしいのは、その過去を暴こうとするのが刑事でもある妻なのだ。

写真=イ・ジュンギのインスタグラムより




日常を騙し続ける男

イ・ジュンギといえば、演じる主役の役柄がいつも異質だ。
一筋縄ではいかない男を彼はずっと演じ続けてきた。
2018年の『無法弁護士』もそうだった。
悲惨な過去を乗り越えて拳を頼りに法の世界で暴れまくる男を、イ・ジュンギが持ち前の強靱な体力で演じきった。
そして、今度は『悪の花』だ。
タイトルから引き込まれる。
このドラマでイ・ジュンギは、日常を騙し続ける男を演じることになった。
そうせざるをえなかったのは、残酷な過去を持っていたからだ。過去をあからさまにしたら生きていけない男……それが主人公のペク・ヒソンだ。
こういう苦悩を持った男を演じるときのイ・ジュンギには凄味がある。心の底に溜まった感情を表現できる俳優だけに、役柄が難しければ難しいほど真骨頂を発揮する。




しかも、そんな不可解な男の過去を暴こうとするのが、刑事になっている妻であるというところが、二重の恐怖を生み出している。
この妻を演じているのがムン・チェウォンだ。
彼女は、悪役から聖女まで自在に演じ分けられる女優だ。
それだけに、イ・ジュンギと呼吸を合わせてどのような七変化を見せるだろうか。興味は尽きない。
「サスペンス&ラブ」が持ち味の『悪の花』は、ケーブルチャンネルのtvNで放送される予定だ。

文=「ヨブル」編集部

イ・ジュンギこそが永遠のチャレンジャー!

イ・ジュンギ!新作『悪の花』で極限まで研ぎ澄まされた日常が始まる

『無法弁護士』のイ・ジュンギは最高だ!

兵役で「イ・ジュンギの無念」が繰り返されてはならない!

イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る