韓国ドラマにはお見合いの場面がなぜ多いのか

 

若い登場人物が両親や祖父母の勧めによってお見合いをする場面が韓国ドラマにはよく出てきます。日本ではお見合いがかなり少なくなってきましたが、韓国のほうはどうなのでしょうか。

ランチタイムにお見合いする

儒教思想が根強く残る韓国では、結婚は個人ではなく家同士がするものだという意識がとても強いようです。
恋愛は個人の自由だとしても、いざ結婚となると、双方の親が相手の家柄や経済状況まで細かく把握して、結婚にふさわしい相手かどうかを判断することがあります。
相思相愛となって結婚を誓ったカップルが、親の反対によって別れさせられるということもよく聞きます。
その逆が、お見合い結婚です。
実際、韓国ではお見合いによる結婚の確率がとても高いのです。
日本では「お見合いでの結婚」が最近は随分少なくなりましたが、韓国では半分近くがお見合い結婚だという調査結果もあります。




また最近では、週末にお見合いをするのは時間がもったいないからと、平日のお昼休みにお見合いをする若い人が増えています。
まさに、「ランチタイムお見合い」です。
(ページ2に続く)

人の名を呼ぶときに韓国でしてはいけないこと

韓国が「ドラマ大国」になった根本的な理由とは?

韓国では夫婦なのに妻がなぜ夫をオッパー(兄さん)と呼ぶのか

韓国では芸能人のボランティア活動がとても盛ん!

前半が面白くても後半に失速する韓国ドラマが多いのはなぜなのか

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る