パク・ソジュン主演ドラマの題名となった花郎(ファラン)とは何か(特別編)

 

ドラマ『花郎<ファラン>』によって、すっかり有名になった「花郎」という存在。もともとは新羅(シルラ)を強国に導いた上流階級の青年たちの集まりをさす言葉だった。果たして、どんな存在だったのだろうか。




徹底的な思想教育

古代の朝鮮半島は三国が激しく領土を争っていた。
高句麗(コグリョ)、百済(ペクチェ)、そして、新羅(シルラ)。
この三国の中で、小さな領土から出発した新羅は他の二国に対して分が悪かった。
いつ滅亡しても仕方がないような状態が続いた。
しかし、新羅には強みがあった。人材育成制度がとても盛んで、その効果で次々に有能な人材が育っていったのだ。
その象徴的な存在が「花郎」だった。
もともと、「花郎」というのは貴族階級で育った青年たちの集まりのことだった。
とはいえ、ただ集まるだけではなかった。
そこでは徹底的な思想教育が行なわれた。
それを「花郎精神」と言う。
「花郎精神」は若者たちの意識を変えた。




具体的に花郎のメンバーは、次のことを誓約した。
・王に忠誠を尽くす
・親孝行をする
・信頼して友人と交流する
・戦では絶対に退却しない
まさに硬派の思想信条だ。
すべてを守れば、とてつもなく頼りになる若者が育つだろう。
さらに、花郎の青年たちは、軍事訓練や狩猟を通してからだを鍛えた。
まさに、最強の人材育成プログラムと言っていい。
こうしたエリート教育が新羅の青年たちをたくましく育て、軍事面でも強兵の土台となっていた。
やがて、「花郎精神」は上流階級だけでなく、一般の青年たちの間でも広く深く浸透するようになった。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る