愛と別れの恋愛博物館〔第2回〕

運命の一目惚れ

グレースたちの一行は指定された時間どおりにモナコ王宮に到着した。しかし、肝心のレーニエ大公は先約が延びてしまい、なかなか現れなかった。グレースたちは、王宮を見物しながらレーニエ大公の登場を待ったが、3時45分になるとさすがにグレースも苛立ちを抑えきれなくなった。

「なんて失礼なんでしょう。私、もう帰りますよ」

グレースが声を荒らげたときだった。衛兵がレーニエ大公の登場を告げ、主役が颯爽とグレースの前に現れた。

「遅くなってしまって、申し訳ありません」

そう言って、レーニエ大公が手を差しだすと、グレースはその手を取り、軽く膝を折って会釈した。

レーニエ大公の謝罪の言葉にグレースは感激した。苛立ってしまった自分が恥ずかしくなると同時に、物腰がやわらかくて率直なレーニエ大公の魅力に一目でまいってしまった。それは、レーニエ大公も同じだった。彼は、それまでに数多くの女優と会ってきたが、グレースほど美貌と気品を兼ね備えた女性はいなかった。

「王妃にするなら、これほどふさわしい女性はいない」

初めて会った瞬間に求婚したくなるほど、レーニエ大公はグレースに一目惚れした。

王宮の庭園を散歩する2人は、他の者の存在を忘れてしまっているかのように、自分たちだけの世界に入りこんでいた。

しかし、レセプションの時間が迫っていた。グレースは、おとぎ話の世界から現実の世界に再び戻らなければならなかった。

レーニエ大公が別れ際に言った。

「近い将来、アメリカに行くつもりです。ぜひ、そのときに会いたいですね」

「その日が早く来ることを願っていますわ」

そう言って、グレースは王宮を辞去した。カンヌへ向かう車の中で、ギャラントはグレースにレーニエ大公の印象を尋ねた。グレースは頬を紅潮させながら答えた。

「本当に、本当に魅力的な方ね」(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4 5 6

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る