黒猫ミネットのおてんば日記(2016年5月31日)

DSCF8163

いつでも元気いっぱい

ミネットは、常に家の中を元気いっぱいに走り回っています。とにかく素早いので追いかけるのも一苦労。最近のお気に入りはビニール袋の中に入ることで、ビニール袋を見せると、猛スピードで走ってくるのです。その袋に入っている姿がとてもかわいくて、癒やされます。

遊ぶのが大好きなミネットは、スマホでゲームをやっていたり、新聞を読んでいたりすると、「そんなことしてないで遊んでよ」という感じで寄ってきます。その姿がまたかわいくて、それからは、みんなミネットと遊ぶことに夢中になるのです。もう家の中はミネットのおもちゃでいっぱいです。

ただ、やっぱり疲れるので、少しの間ミネットを自由に遊ばせていると、いつのまにか姿が見えなくなっています。それに気づいた家族はすぐにミネットの名前を呼んで探し始めます。毎日、家の中ではミネットとのかくれんぼが行なわれているのです。そんなわけで、ミネットが来てから、1日を楽しく過ごしています。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る