黒猫ミネットのおてんば日記(2016年9月23日)

zxjxvcosv3kv6l71474613922_1474613948

発情期の可能性

最近のミネットを見ていると、発情期に入ったのか以前には見られなかった行動をするようになった。発情期の猫の行動を調べてみた。どうやらメスとオスでは発情期の行動が違うことがわかった。

我が家のミネットはメスである。メス猫は発情期の際に、「いつもとは違う抑揚のない高い声で鳴く」「妙に甘えた行動をして、頭や首などをこすりつけてくる」「床の上でゴロゴロと横転を繰り返す」「オシッコの回数が多くなる」「食欲がなくなる」「床に伏せた状態でお尻だけを高く上げた姿勢をする」といった行動をとるようだ。

それを踏まえたうえでミネットの行動と照らし合わせてみると、少し前によく床でゴロゴロと横転を繰り返す姿が目立っていた。さらに、最近ではエサを残すことも多く、食欲が減退しているように感じた。

飼い猫の発情期に悩む人は多い。その悩みを解消するための方法として避妊手術がある。我が家でも避妊手術をさせるかどうかを話し合った結果、「可哀想だ」ということで手術をさせないことにした。

まだ鳴き声はうるさくないので発情期に入っている可能性は低いが、いつそういった行動がしてもおかしくない。そのときは、家族みんなで我慢して温かく見守ろうと思っている。

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る