黒猫ミネットの楽しい生活日記

3185

新しい家族との出会い

私の名前はミネット、2016年4月9日に今の家にやってきた。最初のころは、「親元を離れること」や「新しい家はどんなところで、どんな人たちが新しい家族となるのか」など、不安に感じることがたくさんあったわ。
新しい家に着いて、いよいよ家族の人たちと会うことになった。私を家に連れてきてくれたお母さん、家の中で私を出迎えてくれた2人のお兄ちゃん、一番最後に会ったのがお父さんよ。みんなとても優しそうだったけど、初めての家と家族に、私はすごく緊張していて、おとなしくしていたわ。そんな私につけられた名前はミネット。フランス語で「子猫」という意味があるの。
2、3日くらいかかって、新しい家に慣れた私は、それまでのおとなしさがウソのように家の中を元気に走り回った。おとなしい猫と思っていた家族のみんなは、そんな私の姿を見てすごく驚いていたわ。
お母さんや2人のお兄ちゃんたちは抱っことかよくしてくれて、すぐに仲良くなれたわ。ただ、お父さんは私に慣れるまでに時間がかかったわね。私としては早く仲良くなりたくて何度も近くに行ったんだけど、大きな声を上げて驚くし、なかなか抱っこしてくれなかった。それでもお父さんのことは嫌いにはならなかった。いつか絶対に慣れてくれると信じていたからね。
お母さんは、私のためにゲージという家を作ってくれたり、ご飯やおもちゃをよく買ってきてくれたわ。2人のお兄ちゃんは、私とすごく遊んでくれた。いつのまにか私が家族の会話の中心になっていたわ。みんなとても優しかった。
ここでは、どんな暮らしが待っているのか、今から楽しみでワクワクしている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る