黒猫ミネットのおてんば日記(2017年8月1日)

S__4333632

肩や背中に乗るのが好き

我が家のミネットは、よく家族の肩や背中に乗ろうとする。家族の誰かが台所に立っていると、後ろにある台から飛び乗ろうと狙っていて、相手が油断している一瞬の隙を突いて飛び乗ってくる。私も何度かやられたことがあるが、本当にビックリする。
さらに、抱っこしているときは、相手の肩を前足でしっかりつかんで、そのまま一気に肩へと上るのである。ミネットがそういうことをする理由は、より高いところへ行こうとする猫の習性なのかもしれない。しかし、ミネットが肩や背中に乗っかっていると、身動きが取れなくなってしまうので、そのままゆっくりとしゃがんで降りてくれるのを待つかしかない。
猫の習性のため怒ることはできないが、誰かの肩や背中に乗っているミネットの姿を見ると、とても可愛くて思わず笑ってしまう。ミネットのいるところには必ず和やかな雰囲気が生まれる。それが私たち家族を癒やしてくれるのである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る