アメリカ発!5歳若く見えるアイテム5〔フェイス編〕

 

5歳若く見えれば、印象はグッと変わってきます。なにごとも、いろいろ試してみることが大事。ちょっとしたアドバイスが、とても役立つものなのです。

By Thomas Hawk

1.コンシーラーで顔色を明るくする

「目頭と目尻のコーナーに塗り、小鼻の横や口角にも」
ニューヨークのメイクアップアーティストのマリー・ロンコルは言う。
コンシーラーはエイジング対策には本当にお助けグッズ。安くても優秀なコンシーラーがありますので、いろいろ使ってみてください。塗りすぎに注意ですが、適量を要所要所に使えるようになれば、メイク上級者です。
使う順番は液体もの、軽いものからクリーム重たいものの順番で。例えば、化粧下地乳液→ファウンデーション→コンシーラー→パウダー。




2.アイ・リフティング

垂れ下がるマブタを直すには?
人気のメイクアップ・アーティストたちが勧めるのは「巧みな輪郭作り」です。
ライトカラーのシャドーをまつ毛のキワに入れ、濃い色のシャドーを垂れてきたマブタの二重の線に沿って半円を描きます。
ライトカラーのシャドーがマブタのキワの部分を目立たせ、濃いシャドーが腫れた上の部分を引っ込めます。結果は大きく広がった若い眼差しです。
アイメイクを派手にしすぎると老けて見えますが、無しも同じです。ニュートラルカラー、ブロンズ、赤みのあるブラウン、ココアなどが最適で、しかもマット過ぎない軽いラメの入ったものがオススメです。自然な温かみのある目元が作れます。(ページ2に続く)

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔絶妙ヒント編〕

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔納得アドバイス編〕

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る