今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

 

韓国ドラマには生と死、輪廻転生を扱った作品が数多くあります。『屋根部屋のプリンス』『私の期限は49日』『帰ってきて ダーリン!』など、挙げればきりがありません。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』もその1つですが、代表的な作品になったといえるでしょう。

 

名作を手掛けた脚本家

「自分の前世はいったいなんだったのだろう」と、この作品を見ながらふと思いました。一般的に私たちは「人は死んだら単純に“無”になる」と認識しています。
というより、“死”や“生”について、きちんと教わった記憶が私にはありません。
ある程度年齢を経てくると、そういったことも自然と考えるようになり、「自分はいったいどこから来て、どこに行くのか」という疑問が湧いてくるようにもなりました。




“死=無”と認識しながらも、実は“肉体と魂は別物”だということ、そして、この世には言葉で説明できない不思議な現象がたくさんあるということを知っている方も少なからずいらっしゃると思います。
このドラマは『パリの恋人』『シークレットガーデン』『太陽の末裔』などを手掛けた脚本家キム・ウンスクの作品ですから、イケメンに恋する王道のラブロマンスかと思っていたのですが、いい意味で期待を裏切られました。(ページ2に続く)

〔紹介〕『鬼<トッケビ>』で演技を絶賛されたコン・ユ

ページ:

1

2 3 4

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る