今の韓国ドラマなら『鬼<トッケビ>』を絶対見たい!

神秘の世界の魅力的な物語

『鬼<トッケビ>(原題)』は2組の男女のラブストーリーを中心に描かれています。トッケビとウンタク、そして、死神とサニー(ユ・インナ)です。この2組のせつない恋愛が胸に迫り、ときに涙を誘います。
個人的にはサニーの恋心がとても好きでした。演じるユ・インナの小悪魔的な女っぽさと中盤からの抑え気味の演技がとてもよく、彼女が出演した作品の中で、最も魅力的だったのではないかと思わせるほどです。
そして、ウンタクに扮するキム・ゴウンの魅力も炸裂です。韓国特有の整い過ぎた美しさではなく、ナチュラルであどけないキュートさがなんとも可愛らしいのです。ふとした瞬間に見せる表情がキラリと光り、その美しさは神々しいほど輝いていました。
また、コン・ユとイ・ドンウクのカッコよさは言わずもがなですが、男性陣の中で特筆すべきはBTOBのユク・ソンジェでしょう。彼はこのドラマで演技ドルとしての才能を開花させました。
キム・ウンスクが長い間、コン・ユに出演オファーを出していたという記事を目にしましたが、それだけにコン・ユは、トッケビとして生きる寂しさや切なさ、時折見せるウンタクへのお茶目な恋心を見事に表現していて、視聴者の心を引きつけます。
イ・ドンウク演じる死神もまた、このドラマの大きなテーマになっています。
もしかしたら、こちらのほうがメインなのではないか、と思わせるほど大切な役割を担ったイ・ドンウクの演技にも、ぜひ注目してください。




死神は生前、ある大罪を犯したために死神になりました。
そして、数百年というとてつもなく長い年月をかけて罪を償ったのです。
神様は彼に何を教えたかったのでしょう。
それは、ドラマの終盤で死神自身によって語られます。
テーマからすると少々重いドラマのような気もしますが、ちょっとホラーなシーンや笑える場面も随所にあって、視聴者を飽きさせません。
また、このドラマには鬼、死神を超える大いなる存在が出てきます。
その存在がわかると、もう一度最初からこのドラマを見たくなってしまいます。
作品中に散りばめられたニクイ演出をまた新たに発見できるかと思うと、ドラマを見る楽しみが2倍、3倍になりそうです。
鬼、死神という想像上のキャラクターを見事に生かして作り上げたこの作品は、言葉では表現しきれない神秘の世界を人々の心に残した「歴史に残る名作」といえるでしょう。

文=朋 道佳(とも みちか)
記事提供:「ロコレ」http://syukakusha.com/

「やっぱり韓流が好き!」

〔紹介〕『鬼<トッケビ>』で演技を絶賛されたコン・ユ

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

  1. 家庭で簡単に自家製のタレを作って、焼肉店の味を再現してみよう。実は、オリジナルの…
  2. パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演した『雲が描いた月明り』。原作はウェブ小説だが、物語には様々な歴史…
  3. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る