秘伝!自家製「焼肉のタレ」の作り方

 

家庭で簡単に自家製のタレを作って、焼肉店の味を再現してみよう。実は、オリジナルのタレを作るのは決して難しくない。簡単に覚えられるから、ぜひ試してみよう。

オリジナルが最高!

今までは、市販の焼肉のタレを買ってくるパターンが多かったのでは。
でも、市販のタレは甘すぎるものがほとんどで、おいしい焼肉店のタレとは味わいが違ってくる。
やはり自分の舌を満足させるには、自分なりのオリジナルが必要だ。
用意するものは、しょうゆ、味噌、砂糖、みりん、おろしニンニクなど。




どんな冷蔵庫にも普通に入っているもので簡単にタレが作れる。
最初は失敗しても、それぞれの材料の量を微妙に変えていけば、次第に自分好みのタレが作れるだろう。
また、辛めのタレを作りたいときは、砂糖を少なめにして、できたタレにコチュジャンを入れればいい。
それでは、トライしてみよう。(ページ2に続く)

すぐに始めたい!ヘルシーに焼肉を食べる方法

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る