中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

中宗について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

主体性を発揮できなかった

「兄を差し置いて王になってしまったら、後で何を言われるかわからない。絶対に王にはなりたくない」
強硬に拒んだ晋城大君。しかし、クーデター軍としては、せっかく燕山君を王宮から追い出しても、晋城大君に即位してもらわない限りはクーデターが成功とはならなかった。そこで、ひたすら頭を下げて晋城大君のご機嫌を取り、「王になってください」と懇願し続けた。
ここまで状況が切羽詰まってくると、晋城大君としても断り続けることはできなかった。こうして、彼は11代王・中宗として即位することになった。




しかし、嫌々ながら王になってしまったので、中宗は、どのように政治を仕切っていけばいいのかがわからなかった。なおかつ、クーデターを成功させた家臣たちの力が強くて、彼らに頭が上がらなかった。
そういう意味では本当に影の薄い国王であり、自らの主体性を発揮することはできなかった。『宮廷女官 チャングムの誓い』では、堂々たる立派な王として描かれていたが、実際の彼の存在感はかなり違っていた。
そんな彼が心からすがったのが、趙光祖(チョ・グァンジョ)という儒学に優れた高官であった。
趙光祖は、儒教に基づいた正統的な政治を理想としていた。中宗も趙光祖を頼って自分なりの王道政治を築こうとした。(ページ3に続く)

ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る