文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

悪政に苦しむ民衆

仁宗は、即位からわずか8カ月で世を去ってしまう。彼の死因の1つの可能性として、文定王后に毒殺されたのではないかと言われている。
その仁宗の後を継いで13代王・明宗(ミョンジョン)となったのが、文定王后の息子の慶源大君である。
しかし、このとき明宗はまだ11歳だったため、母親である文定王后が代理で政治を行なった。




政治の実権を掌握した文定王后は、自分の一族の者たちを重要な職に就けていった。その影響で政治が腐敗してしまった。
さらに、当時の朝鮮半島では作物が育たず、民衆たちが飢餓に苦しんでいた。それなのに、文定王后は何の対策も立てずに民衆を見捨てたのである。
王の母親という立場を利用して様々な悪政を行なった文定王后は、1565年に世を去った。

文=康 大地(コウ ダイチ)

康 大地(こう だいち)
1986年東京生まれ。韓流を扱うムックやサイトに原稿を執筆。特に、韓国時代劇や朝鮮王朝に関する記述が多い。現在は主に「歴史カン・ヒボン」「朝鮮王朝オッテヨ」「韓国時代劇アンニョン」「朝鮮王朝事典チャレソ」などに記事を書いている。

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(文定王后編)

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る