即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

 

1623年にクーデターを成功させて15代王・光海君(クァンヘグン)を廃位させた綾陽君(ヌンヤングン)。彼はすぐに16代王・仁祖(インジョ)として即位した。しかし、彼の在位中は苦労の連続だった。

写真=植村誠




即位翌年の反乱

仁祖といえば、歴史的には「何度も王宮から逃げ出した国王」という汚名が残ってしまっている。
彼の祖父である14代王・宣祖(ソンジョ)も、豊臣軍の朝鮮出兵の際に王宮から逃げた国王として非難されたが、その宣祖も逃げたのは1回だけだ。
しかし、仁祖にいたっては、なんと3回も王宮から逃げている。
前例どころか、後にもこんな例はない。
朝廷を守るためとはいえ、民衆を見捨てたのは間違いないことで、そういう点でも仁祖の歴史的評価は良くないのである。
なにしろ、1623年に即位した仁祖だが、翌年には早くも「李适(イ・グァル)の乱」が起きている。
李适は、仁祖が光海君を追放するクーデターを起こしたとき、それに加わって功績をあげた武官だった。
しかし、彼は他の同志と比べて、十分な恩賞を受けられなかった。そのことに強い不満を持っていた。ここに伏線があった。




その後、李适は北方守備部隊の指揮官の1人となった。彼があまりに部隊の強化に熱心だったので、都の漢陽(ハニャン)では、「李适が謀反を起こすのではないか」という噂が広まった。
事実、その噂を利用して仁祖を揺さぶろうと画策した対抗勢力もあった。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る