光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

 

14代王の宣祖(ソンジョ)には14人も息子がいたが、当初は側室が産んだ王子たちばかりだった。その中で、長男が臨海君(イメグン)で、二男が光海君(クァンヘグン)である。2人とも宣祖の側室だった恭嬪(コンビン)・金氏(キムシ)から生まれた息子であった。

写真=植村誠




 

順番なら臨海君

臨海君と光海君は嫡子ではなかったので、本来なら王位継承者から除外されるところだが、宣祖の正室から王子が生まれなかったので、結局2人は王位を継げる立場になっていった。
朝鮮王朝は、原則的に長男が王家を継ぐことになっている。順番で言うと臨海君が世子(セジャ)の筆頭候補だった。
しかし、高官たちの間で、さまざまな駆け引きがあった。
特に、臨海君は性格が粗暴だということで、評価が高くなかった。
さらに、臨海君は王位継承の資格を失う決定的なことが起こしてしまう。その背景を見てみよう。




1592年に朝鮮出兵が始まると、宣祖の息子たちも国の危機を救うために、自ら積極的に戦地に行く覚悟を持っていた。
臨海君と光海君も朝鮮半島の地方に出かけて、義兵を募ってゲリラ戦を展開する任務を帯びた。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

ページ:

1

2 3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る