東方神起の日本ファンの善行を韓国KBSが看板ニュース番組で報じた!

心が温まる1日

さらに、ニュースは次のように続いた。
「ユンホ氏の日本のファンクラブは、2010年から毎年ユンホ氏の故郷である光州(クァンジュ)地域へお米や図書などを支援しており、昨年はユンホ氏の母校に奨学金を送ったりもしています。ファンたちのこのような温情は、『高いプレゼントの代わりにそのお金を良いことに使ってください』というユンホ氏の発言から始まったといわれており、スターの良い影響力というのは、まさにこういうことではないかと思われます」
この報道を見終わったあとの心地よさを想像してください。




ニュースの最後の部分の「スターの良い影響力というのは、まさにこういうことではないかと思われます」という言葉がいつまでも心に残った。
「報道のKBS」の朝の看板ニュース番組「ニュース広場」で、日本の東方神起のファンが韓国に支援金を贈ったことが報道された意味を考えた。
「KBSよ、よくぞ報道してくれた」
そういう高揚した気持ちと、韓国の多くの人たちに事実が伝わったという安堵感……両方が心に広がる。
外は寒い1日ではあるが、心が温まったまま過ごすことができそうだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

兵役で軍楽隊に入る芸能人が多いのはなぜ?

超解説!兵役で入る軍楽隊とは何か?

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る