「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

 

今はなくなってしまったが、かつて「芸能兵」と呼ばれる人たちがいたことを知っているだろうか。この芸能兵は、軍隊内の慰問公演や軍の広報に務める国防広報院・広報支援隊員のことだった。




廃止のきっかけになった事件とは?

芸能兵は軍の広報やイベントを率先して行なった。配属されるのも俳優やアーティストなど知名度の高い人物に限られていた。
そんな芸能兵に対する不信感が増したのが2011年だった。ある議員が過去3年間の資料を調査してみると、ほとんどの芸能兵たちが90日以上の休暇を取っていることが発覚したのだ。
中には、150日以上の休暇を過ごしていた人までいたという。
150日といえば21カ月の軍生活のおよそ5カ月を休暇に費やしたことになる。一般兵の休暇が平均的に30日くらいなのと比較して驚異の数字だ。
芸能兵への不満が高まる状況の中で不祥事が起こった。




2012年の年末には服務中のRain(ピ)がキム・テヒとのクリスマスデートや、禁止されている携帯電話の所持、さらに、広報活動で済州島に遠征した際に豪華スイートルームに宿泊していたことがスクープされた。
軍服務中は格安のホテルに泊まることすら許されない。近隣の軍施設に宿泊するのが大原則である。軍施設以外での宿泊は外出と判断されるからだ。当然、韓国内での芸能兵への風当たりが強くなった。
2013年6月、芸能兵制度を終焉に導いた事件が起きた。
韓国のテレビ局SBSの人気番組『現場21』が、「芸能兵の服務実態はどう改善されたか」というロケを敢行した。番組スタッフは事前調査の結果、複数の芸能兵が広報活動後に、部隊に戻らないで歓楽街にいるという情報をつかんでいた。
『現場21』は現場を抑えようと突撃リポートを敢行。歓楽街で、人気歌手SE7EN(セブン)を中心に複数の芸能兵たちを発見した。




彼らは兵役中にも関わらず、私服に着替えて堂々と携帯電話を使用。酒を飲みながら焼き肉を楽しむなど、明らかな軍規違反を行なっていた。
『現場21』の放送のあとに大衆の怒りが凄まじくなった。連日国防省には芸能兵に関する苦情の電話がかかってきた。
(ページ2に続く)

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

芸能人の兵役は一般の人より厳しくチェックされる!

超解説!兵役で入る軍楽隊とは何か?

朗報!社会服務要員の兵役期間が21カ月に短縮となる

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る