仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

 

1623年、光海君(クァンヘグン)が廃位となり、16代王・仁祖(インジョ)が即位した。当時、光海君の継母であった仁穆(インモク)王后と娘の貞明公主(チョンミョンコンジュ)は離宮に幽閉されていたが、新しい国王になって解放された。そのとき、貞明公主は20歳だった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

国王が乗る馬

王族女性の場合は10代前半に結婚するケースが多かった。
いくら遅くても10代後半までには婚姻を終えていて、20歳まで未婚というのは異例だった。
しかし、貞明公主の場合は仕方がなかった。なにしろ、幽閉されていたのだから。
ようやく自由の身となった。すぐに貞明公主の婿選びが始まり、良家の御曹司であった洪柱元(ホン・ジュウォン)が夫に決まった。
彼は貞明公主より3歳下だった。
2人の結婚式は盛大に行なわれた。




当時、国王が乗る馬のことを「御乗馬(オスンマ)」と呼んだが、この御乗馬が貞明公主の結婚式に使われた。
それほど、貞明公主は優遇されたのだ。
しかし、御乗馬が使われたことがあとで大問題になった。
(ページ2に続く)

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る