金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

 

金介屎(キム・ゲシ)は、15代王・光海君(クァンヘグン)を裏で支えていた女性だが、目的のためなら手段を選ばなかった。果たして、どんな悪事を働いたのか。

世子になった光海君

幼いころに王宮に入った金介屎。文書の扱いに優れていた彼女は、14代王・宣祖(ソンジョ)に仕えた。
宣祖は、朝鮮王朝で初めて側室から生まれた庶子として王となった人物である。そのため、自分の後継者は必ず正室から生まれた息子にしたいと考えていた。しかし、最初の正室だった懿仁(ウィイン)王后との間に息子は生まれなかった。
宣祖は、仕方なく側室から生まれた長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君の2人から世子(セジャ/王の後継者)を選ぶことにした。




朝鮮王朝には「長男が世子になる」という決まりがあったため、宣祖の後を継ぐのは臨海君のはずだった。
しかし、最終的に世子に指名されたのは光海君である。その理由は、1592年に起きた豊臣軍による朝鮮出兵にある。
兄の臨海君は、そのときに豊臣軍の加藤清正の捕虜になってしまった。それが原因で、彼は荒れた生活をするようになった。一方の光海君は、豊臣軍との戦いの中で大きな功績を挙げた。
それによって、自らの立場を有利にした光海君。さらに、金介屎の大きな後押しもあって光海君は世子に指名された。
(ページ2に続く)

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2 3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る