決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

 

俗に「朝鮮王朝三大悪女」といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだ。しかし、この3人だけではまだ足りない。文定(ムンジョン)王后と貞純(チョンスン)王后を加えれば、朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」と呼ぶことができる。この5人の略歴を見てみよう。

写真=MBC公式サイトより




根っからの悪女だった3人

◆張緑水(チャン・ノクス)
〔?~1506年〕
10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室。貧しい家の出身ながら、歌と踊りを覚えて妓生(キセン)になり、燕山君の寵愛を受ける。王と一緒に遊興し、国家の財宝を着服。庶民の憎悪を買う。1506年、クーデターで燕山君が王位を追われたあと、張緑水は斬首となり、その遺体は市中にさらされた。

◆文定(ムンジョン)王后
〔1501~1565年〕
11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻。我が子を王位に就かせるため、中宗の先妻の息子だった12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を何度も狙ったと言われている。実際、仁宗が亡くなったときも、文定王后による毒殺という噂が流れた。我が子が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位すると、代理で政治を仕切って権力を独占。干ばつで多くの民衆が餓死したが、悪政を続けて見殺しにした。




◆鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)
〔?~1565年〕
低い身分の出身だったが、妓生(キセン)になって尹元衡(ユン・ウォニョン)の妾となる。尹元衡(ユン・ウォニョン)は文定(ムンジョン)王后の弟だった。鄭蘭貞は尹元衡の妻を毒殺して彼の正妻となり、文定王后の手先になって数々の悪行に手を染めた。文定王后の死とともに失脚して自害した。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝三大悪女の張禧嬪(チャン・ヒビン)の哀れな最期!

『不滅の恋人』を理解するための歴史解説!

『不滅の恋人』に登場する2人の王子は歴史的にどう対立したか?

母の文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)を殺したも同然だった!

『不滅の恋人』のイ・フィは歴史上の安平大君(アンピョンデグン)のこと!

『不滅の恋人』のイ・ガンは歴史上の首陽大君(スヤンデグン)のこと!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る