朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

王宮から追放

母親の助言を無視することができない成宗は、次第に尹氏に会う頻度を減らしていった。しかし、自尊心の高い尹氏には、そうした状況がとうてい我慢できなかった。
最後には、自分の部屋の中に、呪いの言葉の書かれた本と毒薬を持ちこみ、呪いの儀式を行なおうとした。しかし、その企てはすぐに成宗の耳に届いてしまう。ますます成宗は尹氏を遠ざけた。
しかし、成宗は尹氏が産んだ王子を後継者に指名した。長男であったからだ。
しばらく時間が経ち、ひさしぶりに成宗は尹氏のもとを訪ねた。しかし、尹氏は精神をひどく病んでおり、成宗を見るや彼の顔にひっかき傷をつけてしまう。
結局、尹氏は廃妃になり、王宮から追放された。さらに、1482年には死罪になってしまった。
毒薬を飲んで激しく吐血した彼女は、血に濡れた布を母に渡し、「この布をいつか息子に……」と言って息を引き取った。




尹氏の死罪は息子の燕山君には徹底的に隠された。しかし、この秘密を燕山君が知ったとき、朝鮮王朝は最悪の展開を迎えることになった。燕山君は母の死に関係した者たちをことごとく虐殺したのだ。

朝鮮王朝悪女列伝2「張緑水(チャン・ノクス)」

朝鮮王朝悪女列伝3「文定(ムンジョン)王后」

朝鮮王朝悪女列伝7「貴人(キイン)・趙氏(チョシ)」

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る