パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

 

映画『徐福』はクローン人間を扱った作品で、斬新な企画で早くも話題となっている。キャスティングも凄い。なにしろ、パク・ボゴムとコン・ユのダブル主役。2人の人気俳優を迎えて撮影も順調だ。




風光明媚なロケ地

映画『徐福』のロケが大々的に行なわれるのが、慶尚(キョンサン)南道の統営(トンヨン)市である。
統営市といえば、朝鮮半島の南岸に位置する風光明媚な都市で、過去にも映画やドラマでロケがよく行なわれている。
そして、今度は『徐福』の撮影地に選ばれ、8月上旬まで大がかりなロケが行なわれることになっている。
俳優やスタッフなど総勢で200人以上が美しい海に隣接する統営市に集まり、各シーンの撮影に邁進する。この統営市は海産物が美味しいことでも有名なので、俳優陣や撮影スタッフもオフには英気を養うことができるだろう。
大いに期待される『徐福』。この映画でパク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初となるクローン人間の徐福である。
その特異な存在に近づくのが国家機関の代理人で、クローン人間を取り込もうと奮闘する。その役をコン・ユが演じる。




複製として作られたクローン人間をめぐっては、様々な人間たちが欲望をむきだしにしていく。その果てに起きる数々の事件にパク・ボゴムとコン・ユがからむ。
まさに、当代随一の人気俳優の共演に胸が高鳴る。

文=『ヨブル』編集部

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る