存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

 

韓国のケーブルチャンネルのtvNで放送された『無法弁護士』がとても面白い。なんといっても、イ・ジュンギの存在感が抜群だ。間違いなく、彼にとっての「当たり役」になった。

奮闘する熱血漢

イ・ジュンギが演じるポン・サンピルという主人公は、非常に複雑な環境の中で育った。彼の母親は弁護士だったのだが、悪の勢力に殺害されてしまう。その場面を少年時代に目撃したサンピルは心に深い傷を負った。
その後に彼がたどった道が異色だ。母親の弟であるヤクザのチェ・デウン(アン・ネサンが演じている)に育てられ、闇の世界に生きながら弁護士になった。
しかし、普通の弁護士ではない。
法律だけでなくて拳を使ってでも顧客の勝利のために奮闘する熱血漢だ。ソウルで成功したサンピルは、故郷のキソンに戻って母親の復讐を果たそうとする。
そんなサンピルの相棒になるのが、女性弁護士のハ・ジェイだ。ソ・イェジが演じている。




ジェイは優秀な弁護士だったのだが、理不尽な判決にがまんならずに判事を殴り飛ばしてしまう。
それによって、弁護士活動を停止されて故郷のキソンに戻ってきた。
(ページ2に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

ドラマの主人公は現実離れしているほうが魅力的!

韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る