イ・ジュンギが影響を受けた「ブラックリスト問題」の本質とは何か

兵役延期が認められなかった

兵役は30歳まで延期できるというのが当時の芸能界の常識になっており、「トップクラスのスターであったイ・ジュンギが28歳なのに兵役の延期が認められなかったのはなぜなのか」と不可解なことと受け止められた。
それから7年が過ぎてからブラックリスト問題が明らかになったわけだが、「イ・ジュンギの兵役延期が認められなかったのはブラックリストに載っていたから」ということが十分に推測できる状況になっていた。
かつては兵役が政権側で意図的に利用された時期があった。
たとえば、暴力団員が強制的に入隊させられて激しい労働に従事させられたり、学生運動で逮捕された人が軍事境界線のそばで過酷な軍務に就かされたり……。




かつての軍事政権時代の話ではあるが、それでも兵役問題を政権側が都合よく利用する風潮はいまだに残っている。
結局、ブラックリスト問題はイ・ジュンギの芸能活動にも大きな影響をもたらしたわけだが、彼はそれを乗り越えて、兵役後も大活躍している。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:
1 2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る