大物俳優が兵役を終えて続々復帰!刺激を受けたパク・ボゴムの動向は?

イメージを越える作品

パク・ボゴムが現在、撮影に集中しているのが映画『徐福』だ。
その撮影も、慶尚(キョンサン)南道の統営(トンヨン)市で8月上旬まで大がかりなロケ撮影が行なわれている。統営市に俳優やスタッフなど総勢で200人以上が集結して撮影に没頭しているのだ。
この映画でパク・ボゴムが扮するのは末永い生命力を持った人類初のクローン人間で、その名が徐福だ。
なんといっても、パク・ボゴムがクローン人間に扮するというのが奇抜だ。この設定に魅力を感じたからこそ、パク・ボゴムもオファーを受け入れたのであろう。
それだけに、彼の意欲も並大抵ではない。
しかも、あのコン・ユとの共演である。




パク・ボゴムは兵役を控えている。彼が兵役前に出演できる作品も限られているだけに、映画『徐福』では、今までのイメージを越えたパク・ボゴムが見られるに違いない。

文=『ヨブル』編集部

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る