朝鮮王朝悪女列伝9「純元(スヌォン)王后」

政治の腐敗を招いた

絶対的な権力を握る純元王后に誰も逆らえず、元範は急に田舎から呼び出されて25代王の哲宗(チョルチョン)になった。
前代未聞ともいえる異例の即位だった。
無学の男が王になって、何かができるわけではない。
それこそが純元王后の狙いだった。
彼女は代理で政治を仕切って哲宗を自由に操り、同じ一族の娘を王妃として迎えた。
こうして純元王后は朝鮮王朝の政治を完全に独占した。
しかし、政治は腐敗し、近代化が大きく遅れる要因となった。世界は激動の時代を迎えていたのに、朝鮮王朝はまったく対処できなかったのだ。




1857年、純元王后は68歳で世を去った。
彼女は一族に莫大な利益をもたらしたが、逆に国政を大きく歪めてしまった。
その罪はあまりに大きい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝悪女列伝7「貴人(キイン)・趙氏(チョシ)」

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

妖艶な黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女列伝1

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る