「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

 

朝鮮王朝の3大悪女といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだが、この3人より性格がワルだったと言える側室がいた。果たして、その側室とは?




王と世子の対立

16代王の仁祖(インジョ)は、1637年1月に清の皇帝の前で屈辱的な謝罪をさせられた。さらに、息子3人が人質として清に取られてしまった。
そんな傷心の仁祖が王宮で寵愛したのが側室の貴人(キイン)・趙(チョ)氏だった。彼女はほどなく仁祖の王女を出産している。
この時点で仁祖は最初の王妃だった仁烈(インニョル)王后に先立たれている。
趙氏に入れ込んだ仁祖は、再婚する気配をまるで見せなかった。しかし、王がいつまでも独身でいるわけにもいかない。
彼は1638年に荘烈(チャンニョル)王后と再婚した。
残念ながら、荘烈王后は王宮の中で不遇の日々を過ごした。彼女は王の愛を得られず、側室の貴人・趙氏にすらいじめられたからだ。
誠に不幸な王妃であった。それも貴人・趙氏の陰湿なやり方が影響していた。
なにしろ、貴人・趙氏は仁祖の王子も産み、図に乗って横暴を繰り返すようになった。さらに、彼女の悪事が王朝を揺るがす事態になった。
それは、清の人質になっていた昭顕(ソヒョン)世子が8年ぶりに帰国した1645年の出来事だった。




仁祖と昭顕世子が対立したのが発端だ。仁祖は清を憎悪して復讐を誓っていたが、昭顕世子は人質生活を送った清の文明に感化されていたのだ。
対立が決定的になった直後に、昭顕世子は急死してしまった。
あまりに突然だったが、毒殺されたという疑いが出た。というのは、貴人・趙氏の実家に出入りしていた医官が昭顕世子に毒の鍼(はり)を打った可能性が極めて高いのだ。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る