朝鮮王朝で「3大悪女」のような悪女たちがなぜ生まれたのか

 

悪女と言えば、韓国時代劇の登場人物としてよく描かれるキャラクターです。彼女たちは、政治に介入して朝鮮王朝に混乱を招くことが多かった。どうして、そんなことが許されたのでしょうか。




王族の長老女性

朝鮮王朝は王を頂点とする中央集権国家で、官僚が王を補佐しますが、彼らは科挙という試験を受けて出世した人たちです。女性はその科挙を受けられないので、政治にまったく関与できません。
ところが朝鮮王朝の歴史を見ますと、幼くして王が即位した場合は、成人になるまで王族の長老女性たちが摂政をします。
彼女たちは政治の最終決定ができる立場なので、女帝のように振る舞うこともできます。朝鮮王朝の政治の表向きは男性が仕切っていましたが、長老女性たちが何度も政治に関与していたのです。
そういうときにこそ、一族の利権を独占する偏った政治が行なわれ、朝鮮王朝が混乱しました。
結局、物事には何でも表と裏があります。表向きの政治と違って、その裏で王の母や祖母が大妃(テビ)として、王の政治に関与していました。




王妃や側室も個人的に王と会話する機会があって、気弱な王だと彼女たちの意見に左右されやすかったのです。
さらに女官の中にも権力志向の強い人がいて、そういう女官が裏で王の政敵を排除することもありました。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝悪女列伝5「張禧嬪(チャン・ヒビン)」

朝鮮王朝で一番の聖女だった王妃は誰なのか?

「三大悪女」の中で実は悪女でなかったのが張禧嬪(チャン・ヒビン)?

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る